旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

自由は金で買える、幸せもわりと買える…

ニュース

自由は金で買える、幸せもわりと買える…
  • たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

自由は金で買える、幸せもわりと買える…

まだ僕が時給700円台の皿洗いに汗を流していた頃。

大学の卒業が近づき、「社会」というものの足音が近づいてくるにつれ、
僕の中である疑問が日増しに強まっていきました。


「なんでみんな、こんなに苦しそうに生活してるんだろ?」


僕の知る限り、日本は先進国のはずでした。
町中には商品が溢れ、世の中は数十年前と比べてはるかに便利になりました。
僕のファミレスでは毎日巨大なゴミ袋一杯に食材を廃棄していました。

それなのに、僕の周りで心の底から幸せそうに日々を送っている人は、
ほとんど誰もいませんでした。


あまりにも毎日が忙しすぎるのだろうと思いました。


バイト先の社員たちは月に1度や2度の休みで、長期休暇もなく、
毎日12時間以上職場に拘束されていました。

彼らが起きている時間の7〜8割はお金を稼ぐための労働に消え、
残りの2〜3割は労働に体力を奪われ尽くした後の搾りかすのような時間でした。

バイトは他にもいくつか経験しましたが、社員はどれも似たり寄ったりでした。


Twitterには大学時代の友人たちの、
生活に対する悲鳴のようなつぶやきが日々流れてきます。

有名企業に就職し、結婚もして順風満帆だったはずの友人は、
数年後に過労で精神病になって仕事を辞めました。

友人の奥さんも過労で倒れました。
友人の友人も過労で鬱になって仕事を辞めました。


もちろん、そういう生活を当たり前のものとして受け入れ、
いち早く適応している人たちもいました。

彼らは特別苦しそうには見えませんでした。

毎日決まった時間に職場にやってきて、決まった服装に着替えて、
決まった動きをして、決まった時間にご飯を食べ、また働いて、
決まった時間に帰っていき、帰宅後のビールを飲み、
翌日の労働に備えて早めに眠り、それを年老いるまでループする。

それで特に不平もないようでした。



生きるということはこういうことなんだろうか、と疑問に思いました。

僕はただ、誰にも迷惑をかけず、
好きな小説や音楽に没頭したり、友人たちと遊んだり、
たまに旅行したりしながら、日々を楽しく生きていきたいだけでした。


たったそれだけの目標を叶えるために、
囚人服のようなスーツを着、犬のリード付き首輪そっくりのネクタイをしめて、
週40時間以上のがんじがらめの労働の日々を受け入れなければならないのか?

狭い檻のような職場に来る日も来る日も拘束され、
上司に叱責されたり、数字に追われたりしながら、
毎日の餌のために仕込まれた芸を忠実に繰り返すチンパンジーのように、
1日の大部分をお金のためのルーチンワークに費やさなければならないのか?

つづきはコチラ

だいぽんメルマガ簡単登録(解除するのも簡単なので安心してください)

関連記事

たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・
1
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
  • たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ


こちらのページもご覧下さい。